‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

冬編

2014/12/11

冬はクリスマス、バレンタインといったイベントがあったり1年を締めくくる、またスタートの季節でもあります。そんな季節にピッタリあったデザインのネイルといえば、まずはイベントにあったクリスマスツリーやサンタ柄です。爪全体をサンタやツリーに見立てても良いしサンタやツリー、星のシールを貼っても可愛いです。クリスマスカラーということで緑と赤を交互に塗ると一層クリスマス感がアップします。バレンタインではハートのシールをはったりピンクと茶色を使いチョコレートを見立てても可愛くなるでしょう。イニシャルシールを貼ったりLOVEと言う文字を爪に描くことで可愛くネイルも仕上がります。また冬というイメージから雪の結晶やチェック柄を用いてもステキな仕上がりになります。全部の爪ではなくポイントとして片手に2本分といったデザインの方がくどくなくキレイにみえます。お色は白を使うと雪のイメージが広がりそこにラメを乗せることで上品に仕上がります。また紺や茶色、ワインレッドも冬ならではの色とし映えます。何色に対してもラメを入れることでこの季節ピッタリのゴージャス感がでます。黒にゴールドでドットやポイントシールといったデザインもこの季節に合うこと間違いなしです。

秋編

2014/12/11

暑い夏も終わり、1年を通して過ごしやすい季節がやってきました。そんな今の季節にピッタリのネイルデザインと言えば、秋の紅葉を想い浮かばせるような少し暗めの赤、茶色、クリーム色といった色合いを用いるのが良いです。茶色といっても薄い茶色から濃い茶色と、色合いも様々ですので交互に塗り重ねるのもまた違った雰囲気を楽しめます。デザインとしては、ハロウィンを意識しカボチャのシールやお化けの柄をポイントで持ってくるとハロウィンらしいネイルの出来上がりです。オレンジを使って爪全体に色を塗るのも秋らしくて良いです。また薄い色の一色をベースに赤、オレンジ、茶色といった、今の季節にあった色を使い、ドットやチェックの柄を使用するのもステキです。ワンポイントとして片手に1、2本のみ3色4色を使い塗り分けたり、線を引いたりと秋らしい色を重視してデザインを仕上げると今の季節にピッタリのネイルです。涼しげで紅葉がキレイで、落ち着いたイメージを持つ季節ですから、どちらかというとネイルも模様や柄重視ではなく、色合いを重視したものをもってくることが良いです。柄や模様のシールなどを使いたい場合は、明るい色の柄よりゴールドやシルバーのシールやストーン、フォロを置いた方が季節にピッタリの落ち着いたイメージになります。

夏編

2014/12/11

ネイルをする時どのようなデザインにしようかな、と悩みますよね。洋服も季節に合わせて衣替えをすることですし、ネイルもせっかくなので、季節を意識したものにしてみては如何でしょうか。
夏、と聞いた時に思い浮かべるモチーフはなにがあるでしょう。海、ひまわり、貝殻それにマリンボーダーなんていうのも可愛いですよね。長期休暇もあるので、お仕事をされてる方もこの機会にちょっと明るいネイルに挑戦してみるのもいいかもしれませんね。
夏のネイルは様々な明るさのブルーのものが多くあります。グラデーションで海のようなデザインや、ラメを散りばめて星空のようなものも。また、他の季節に比べてみると割とビビッドなカラーが使われています。ハンドネイルよりもフットネイルは大きいため、ひまわりやヤシの木のような大きめのモチーフにも向いています。サンダルを履いたり、海や川で泳ぐ際に素足をだす機会が多いので、フットネイルにも気を遣いたいですよね。
また、ストーンで大きめのモチーフを型どってみたり、3Dで表現するような立体感のあるものも開放的な気持ちになれるこの季節に花を添えることでしょう。
他の季節にない、夏ならではのモチーフでいつもよりビビッドに華やかなデザインを指先に添えて楽しみたいですね。

春編

2014/12/11

新しいことに胸ときめく始まりの季節にはどんなイメージをお持ちでしょうか。お花やレースといったような、ふんわりと優しいイメージではないでしょうか。実際ネイルのモチーフにもそういったものがよく見られます。色で言えば、ピンクや黄色それも優しい色合いのものが春のネイルデザインにはよく使われています。
お花はどの季節でも人気のモチーフですが、春は特にパステルカラーの小花柄が人気です。桜や菜の花、タンポポのように可愛らしいイメージのカラーやデザインが多くあります。品のある色遣いで、より魅力的に指先を見せてくれるのです。
また、フレンチネイルもこの季節には合います。ベージュや薄いピンクのフレンチネイルや、小花でアーチ型を作るものもあります。ここ最近はフレンチと言っても一色だけで作るのではなく、グラデーションにしてみたり、境目に小さなストーンを並べてみたり、またそれこそ小花のような小さなモチーフを集めたフレンチデザインもあります。
春は新しい始まりの季節です。お花などのモチーフをパステルカラーで上品に指先に添えることで、さらに気持ちもワクワクしますよね。せっかく日本に四季があるのだから、折々の季節を感じられるネイルを身に纏うのも風情があっていいですよね。

季節別に見るネイルデザイン

2014/12/11

幅広い年代の女性たちを虜にする、指先のおしゃれであるネイルケア、こういった細部にわたるまできちんとお手入れが行き届いている女性というのは、本当のおしゃれができる人で、同じ女性から見ても憧れてしまいます。最近は自分でできるセルフネイルアイテムも次々と登場しており、常に美しい状態を保っていたいと、色々と揃えて自分でお手入れされている方も少なくはないようです。さてサロンでも色々なデザインがサンプルとして紹介されていますが、最近は専用雑誌も創刊され、インターネットサイトでも、季節ごとに人気のデザインを紹介してくれているので、そういったものを参考に毎月デザインを決めている方も多いようです。ファッションでもそうですが、季節によって似合うカラーがあるように、ネイルに関しても同様で、あの小さな面積ながらカラーやアートで季節感を出すのが流行のようで、クリスマスシーズンには雪の結晶やエンジェルなどのアイテムを使ってみたり、夏場にはポップなカラーか人気だったりと、一年を通していろいろな楽しみ方ができるようです。セルフアイテムでもそういったデコレーションシールが人気で、筆などで器用に描けなくても、シールなら貼るだけで仕上げられるので、季節ごとにそろえておくとおしゃれ度もアップできます。

ブライダルネイル編

2014/12/11

一生に一度のウェディングドレスやお色直しのドレスを着るのは、女性の憧れですよね。そんなドレス姿の時に大切なブライダルネイルの種類を御紹介してみます。ネイルサロンでは忙しい合間に一息つきながらも楽しいひと時を過ごされる方も多いのではないでしょうか。ブライダルネイルが大切なのは、挙式の際に指輪交換やブーケを持つことが多くて手先もかなり注目されます。ネイルの種類もたくさんあります。ここでは様々な種類を取り上げていきます。お仕事の関係で色を塗るのは難しい方は、当日でもサロンで手入れをして頂くだけで、とても綺麗になります。また、結婚式の後にネイルを取りたい方にはネイルエナメルというやり方が対処しやすいですよ。もちろん、ネイルをする時にはプロの方にして頂くと、もっと綺麗になります。爪に負担をかけずに楽しみたい方はジェルネイルが人気です。ジェルをUVライトで当てるので剥がれにくく、式の後のハネムーンにも出来ます。爪を傷めないようにネイルを剥がす時はネイルサロンで剥がして下さい。デザイン重視の方は、アクリルネイルが人気です。ネイル専用のパウダー等を混ぜて爪に綺麗なデザインが施せます。忙しくてネイルサロンに行くことが出来ない場合は、自分のサイズでオーダーしたネイルチップもあります。昔は外れやすかったのですが、最近は剥がれにくくなっています。様々な種類のネイルケアがありますが、ドレスや爪のタイプ、お一人お一人に合ったブライダルネイルを楽しんで下さい。

ストーンネイル編

2014/12/11

ストーンネイルに使うストーンはキラキラしているもの、マットなもの、透き通っているもの、大きいもの、小さいもの、四角い、5角形といったさまざまな色や形、大きさのものがあります。
ネイルサロンへ行く人もいますが、最近は自分でチャレンジする人も多くいます。
出来上がったネイルや、飾りたい材料を、インターネットから注文もできますし、店頭にもよく置いてあり、誰でも手軽にネイルアートができます。
ストーンネイルは、比較的簡単に挑戦できます。
まず、爪にベースコートを塗り、カラーポリッシュを二度塗ります。
次にトップコートを塗るのですが、この時に厚く塗りすぎないよう、注意して塗ります。
あまり厚いとせっかくのカットラインが埋もれてしまい、輝きが半減してしまうからです。
丁寧に塗り終えたら、あまり時間をかけずにスティックの先に、ごく少量のトップコートを付けて、材料を取り、それを爪にそっと載せていきます。
さらに接着を強くしたい場合には、ジェルネイルの方がとれにくくなるのでいいです。
ネイルは奥が深くて、材料の種類もいろいろとあり、模様も人それぞれなので長く楽しめます。
飽きずに続けられ、しかもおしゃれに、きれいになれるのです。

フレンチネイル編

2014/12/11

今の女性のほとんどの方がネイルをしています。簡単なネイルから手の込んだネイルなど多くの種類が存在します。その中でも簡単なのがフレンチネイルで、爪先にホワイトをのせたデザインで、ネイルアートの最も基本的なデザインと言えます。可愛らしく控えめで上品なイメージがあるため、オフィスネイルとしても人気があります。ほかのネイルアートのベースとして使われることが多いネイルです。近頃では、ホワイト以外のカラーを取り入れたカラーフレンチも人気があり、このネイルアートも同じ呼ばれ方をすることが多いです。ストーンや3D、ネイルシールなどを付けてみたり、爪先の部分をマーブルネイルに変えてみたり、ネイルの境目にラメやスワロフスキー、ホログラムを付けるなどシンプルだからこそさまざまな種類のネイルアートと組み合わせることができます。自分でセルフネイルをする場合は、フレンチネイルを勉強すると他のネイルアートにも応用ができると同時に、ネイルアートの幅が広がり便利といえるでしょう。サロンでネイルをする場合は、季節の色に合わせたカラーにしてもらい、そこからサロンにあるストーンやスワロフスキーなどを選んでネイルアートをするのも良いでしょう。

ネイルアートの種類

2014/10/24

今若い女性を中心にネイルアートが大人気です。ネイリストに好きなデザインやデコレーションを注文して、施術してもらいます。このネイルアートにも様々な種類やデザインがあります。デザインで言うとフレンチネイルやグラデーション、ホログラムなど、ネイルの種類では自分の爪の延長につけるスカルプチュアやジェルネイル、カルジェル、バイオネイルなどがあります。フレンチやグラデーションはカラーによってはオフィスでも合います。ネイルは働く女性の指先のエチケットにもなっています。そのため、デザインの種類が豊富です。そのためどんなTPOにも対応させることができます。最近ではプリントネイルや3Ⅾなどが流行っています。プリントネイルは機械を使って爪にデザインを照射することで爪にその柄がプリントされる方法です。3Ⅾは花などのイラストを立体的にアートします。エアーブラシはアクリル絵の具をつかって模様やイラストをかきます。ネイルの刷毛ではなくエアーブラシを使って描きます。ネイルの世界では今、様々なアートの方法が誕生してます。小さい爪の方や爪を伸ばせない職業の方や小さい子供のいるママさんでも十分に楽しめます。その日の気分や予定、季節などに合わせて、様々なデザインを選んで楽しんでください。