フレンチネイル編

今の女性のほとんどの方がネイルをしています。簡単なネイルから手の込んだネイルなど多くの種類が存在します。その中でも簡単なのがフレンチネイルで、爪先にホワイトをのせたデザインで、ネイルアートの最も基本的なデザインと言えます。可愛らしく控えめで上品なイメージがあるため、オフィスネイルとしても人気があります。ほかのネイルアートのベースとして使われることが多いネイルです。近頃では、ホワイト以外のカラーを取り入れたカラーフレンチも人気があり、このネイルアートも同じ呼ばれ方をすることが多いです。ストーンや3D、ネイルシールなどを付けてみたり、爪先の部分をマーブルネイルに変えてみたり、ネイルの境目にラメやスワロフスキー、ホログラムを付けるなどシンプルだからこそさまざまな種類のネイルアートと組み合わせることができます。自分でセルフネイルをする場合は、フレンチネイルを勉強すると他のネイルアートにも応用ができると同時に、ネイルアートの幅が広がり便利といえるでしょう。サロンでネイルをする場合は、季節の色に合わせたカラーにしてもらい、そこからサロンにあるストーンやスワロフスキーなどを選んでネイルアートをするのも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。